私の好きなことばかりが主。何でも、気の向くままに書かせて頂いています。のぞいてみて下さい。
裏どおりの天使たち
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
観ました。映画『パリより愛をこめて』
2010-05-21-Fri  CATEGORY: E i g a
まあ、こんなものでしょうか(?_?)

153188_1.jpg

『96時間』でも組んだリュック・ベッソン脚本×ピエール・モレル監督コンビが再び放つ痛快アクション。ジョナサン・リース・マイヤーズ扮するアメリカ大使館職員が、ジョン・トラボルタ扮するFBIエージェントと共に、パリをテロリストの攻撃から守るために奮闘する姿を、カー・アクション、銃撃戦、肉弾戦など怒濤のアクション満載で描く

パリのアメリカ大使館に勤めるジェームズには、CIA捜査官の見習いという裏の顔があった。ある任務で彼は、アメリカからやって来た凄腕の捜査官・チャーリーと出会う。彼はドラッグの密売で手に入れた金で爆弾を仕入れ、テロを企む悪の組織を追っていて……。


感想を一言で言うなら..
まあまあ..ですね。
全体的に飽きなかったし..そういった点では楽しかったです。
速い展開でスピ-ド感があったのはいいと思うのですが..
もう少し展開を抑えてじっくり引っ張ってみたら最後がもっと良かったかもなぁ..
などと、思いました。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
観ました。映画『グリーンゾーン』
2010-05-19-Wed  CATEGORY: E i g a
早速、観てきました。

153174_1.jpg

『ボーン・アルティメイタム』のポール・グリーングラス監督とマット・デイモンが再び顔を合わせて作り上げたサスペンス作。イラク中心部の米軍駐留地域“グリーン・ゾーン“を舞台に、大量破壊兵器の所在を追う極秘任務に就いた下級准尉の真実の追求を描く。原作はワシントン・ポストの記者、ラジャフ・チャンドラセカランのノンフィクション小説。

一触即発の危険地域となってしまったバグダッド。そこに赴任した下級准尉のロイはCIA上官の大量破壊兵器調査の補佐をすることになる。ところが偽情報が飛び交い、真実の所在は見えずじまい。その上、米国国防総省から横槍が入り、事態は次第に行き詰っていく。


戦争という中での緊張感や緊迫感が映像から感じられました。
この作品の中にどれだけの真実が含まれていて表現されていたのか..
“ノンフィクション”..本当にそうなら..

皆さんの眼で確かめてみては如何でしょうか。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
見ました。映画『第9地区』
2010-04-30-Fri  CATEGORY: E i g a
確かアカデミー賞とかにノミネートとかされている作品だったよなぁ..
くらいの知識しかない状態で見ました。
なので、まさかそんな話し?と、始めっから意表をつかれた感じでした。
それとともに、意外すぎてちょっと笑ってしまいました。

d9_sub2_large.jpg

◇ストーリー
南アフリカ出身の新鋭ニール・ブロムカンプ監督が、05年製作の自作短編「Alive in Joburg」を長編として作り直したSFアクションドラマ。1982年、南アフリカ上空に突如UFOが飛来。政府は不気味な容姿をした異星人を難民として受け入れるが、やがて彼らの特別居住区「第9地区」はスラムと化す。2010年、難民のさらなる人口増加を懸念した超国家機関MNUは難民を「第10地区」に移動させる計画を立てる。製作は「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン。


もちろんこれは映画だとわかっていながらも..
まるで本当にあるのではないのかと錯覚を起こしながら最後まで見て..
それでもなお、あるのではないのかと引きずってしまう私でした。
恥ずかしながら..
まんまと、作り手の策略にハマっていましたねぇ。

これでこそ映画ですよね。
だからこそ、映画は面白い!(^_-)
(見た人には、この意味が解ってもらえるかな?)
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 裏どおりの天使たち. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。